ナイトブラ2

5 2月

ナイトブラ2

ツボの中にはバストアップをうながすツボがありますから、刺激してみるのもひとつの手です。

だん中・天渓・乳根と呼ばれるツボがバストアップに効くツボであると知名度が高いでしょう。こういったツボを押すことで、血の循環が良くなったり、女性ホルモンが多く出るようになったり、乳腺の発達に対して効果があると考えられているのですが、即効性があるわけではありません。

バストアップの方法は様々ですが、地道に少しずつ続ける方法がお金を節約でき、体への心配もありません。しかし、今すぐにでも豊かな胸になりたいならば、プチ整形という方法もあります。

金額は高くなるかもしれませんが、確実に胸を大きくすることができるでしょう。

もしくは、バストアップサプリを使うのもよいでしょう。バストをアップさせるクリームには女性ホルモンを多く出させる成分が含まれていますから、胸を豊かにする効果が見込まれます。バストアップクリームを塗る際には、肌へ浸透しやすくなるように優しくすり込んだ方がより効果があるでしょう。

しかし、使ったからといってすぐ胸が豊かになるかといえばそうではありません。

バストのサイズを上げたいなら、筋肉を鍛えることも有効な手段です。
筋トレで鍛えた筋肉がバストを支えてくれるので、バストアップにも繋がりやすくなります。

とはいえ筋肉だけつけても即バストアップとはいきません。

そこで、他の方法での取り組みも大切だと理解してください。例えばぐっすり眠ったり、マッサージをしてみるのも良いでしょう。

バストアップ効果抜群といわれる食品では、豆乳が最も有名ではないでしょうか。

ご存知のように豆乳が含んでいる大豆イソフラボンという成分は、まるで女性ホルモンのような働きをするのだそうです。近頃は、豆臭くなくて飲みやすい豆乳が売られていますから、豆乳を積極的に食生活に取り入れるのもいい方法です。

とはいっても、何事もやりすぎはNGです。

近頃では、胸のサイズアップができないのは、遺伝の関係というよりも家族間の生活習慣の近さによる原因というのが主流となってきています。
食事の問題とか、運動不足、夜更かしなどが、胸の成長を止めてしまっていることもあります。家族の間でもバストのサイズが違うことは、よくあることですから、今後の生活習慣によっては、成長する可能性はあります。大きな胸に憧れつつ、今更サイズアップは無理だと思っている女性もたくさんいることでしょう。

意外と知られていないことですが、バストサイズは家系的な遺伝というよりも普段の生活の影響が強いと考えられています。

ですから、豊胸手術に踏み切る前に、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?気づかないうちにバストアップを妨げる生活習慣をしていて、小さな胸のままなのかもしれません。胸を大きくするための手段には、エステのバストアップコースもあります。

エスティシャンによる施術を受けるとバストアップの効果だけでなく、形も整い、美しい胸を手に入れることができるでしょう。

一度や、二度で終わらせず、続けて行くことで徐々にサイズが大きくなることもあります。でも、結構なお金が必要ですし、整形とも異なりますので、努力やケアを怠ると、せっかく大きくなったバストは元に戻ってしまいます。

胸にコンプレックスを抱いておられる方、湯船につかる習慣をつけてみませんか?湯船につかれば血の巡りをよくすることができますから、胸に栄養を届けることができます。
血の巡りがよくなった状態の時にバストアップのためのマッサージなどを行うとより一層、効率よくバストアップすることができるでしょう。忙しくて湯船につかる時間がないときは、シャワーを使ってバスト周辺をマッサージするだけでも違うでしょう。サプリを使用によるバストアップが効果的かというと、試してみて胸が大きくなったと効果を実感する方が多いです。バストアップに効果的な女性ホルモンを分泌させる成分がサプリに凝縮されていますから、飲むだけで体の内側からバストアップすることが可能となります。

バストアップには効果がありますが、体内の女性ホルモンが乱れ、規則正しかったはずの生理周期が乱れてしまう場合も事例もあるようです。

説明書をよく読み、用法容量を守って十分に注意してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です